楽器可能賃貸では、大家さんとの認識違いでクレームになることがあります。事前にどれくらい演奏するか伝えましょう。
賃貸で楽器が吹ける物件を探す時の注意

楽器可能賃貸でクレームが来る場合

このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネットを利用するとき、通信の制限がかかることがあります。それは、通信会社が想定している通信料を超えて通信を行おうとする人に対して起こるようです。通信料は無限にあるわけではないので、ある人が集中的に利用してしまうと他の人に迷惑がかることがあります。その人自身もわざとそうしているわけではないのですが、いつの間にか制限を超えていることがあるようです。どうしてもなら、無制限のサービスを利用しなければいけません。

ピアノを弾く人が楽器可能の賃貸を利用することになりました。事前の契約書においても可能とありましたので、契約に基づいて利用をしていました。ところがあるとき大家さんからクレームが来ました。楽器可能の物件でありながら、音がうるさいとのことでした。そのために選んだところですから、何を言われているのかわかりませんでした。これは、大家さんが想定している演奏のレベルがあります。どういったレベルと思っていたのでしょうか。

こちらの大家さんの想定では、子供が練習する程度と思っていたようです。昼の一定時間ぐらいです。しかし、プロや学生などになると夜も含めて1日じゅう演奏することもあります。となると想定外になり、クレームとなったのです。

Copyright (C)2017賃貸で楽器が吹ける物件を探す時の注意.All rights reserved.