楽器が可能の賃貸物件では、それなりに音が聞こえます。構造によっては遮音性が高く、聞こえにくくなっています。
賃貸で楽器が吹ける物件を探す時の注意

楽器可能の賃貸物件で選ぶマンションの構造

このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビを見るとき、ボリュームをそれなりに上げて見るでしょう。もちろん他人に迷惑がかからない程度になります。映画などでは大きなボリュームで聞きたいと思うこともありますが、そのあたりは少し我慢しなければいけないこともあります。どうしても音を大きくしたいときはヘッドフォンを使う方法があります。それによって、迫力のある音で楽しめることもあります。音に関しては、お互いに気を遣うようにするのがマナーになるでしょう。

楽器可能の賃貸があります。楽器を演奏しても良いのですが、必ずしも防音のための特別な設備がついているとは限りません。下見の時にも、廊下を歩いているといろいろな部屋から少なからず音がしてきました。部屋の中でも、少し聞こえる程度の音は聞こえていました。こういった物件は、マンションの構造において、RC造りやSRC作りのことがあります。こういった作りになっていると、防音とはいかない間でも遮音性が高くなっています。

互いの楽器を聞くのが前提としても、人の演奏が丸聞こえなのはストレスになることもあります。できるだけ聞こえにくい物件を選ぶようにしましょう。下見もいろいろな時間に行ってみます。そのときによって演奏している人が違います。

Copyright (C)2017賃貸で楽器が吹ける物件を探す時の注意.All rights reserved.