楽器可の賃貸マンションであっても、演奏を快く思っていない人もいます。常に周りの住人への気遣いは大切です。
賃貸で楽器が吹ける物件を探す時の注意

楽器可の賃貸マンションの注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加

まず、楽器可の賃貸マンションであっても、楽器の種類によっては、不可となっていることもあります。特に、ドラムやエレキギター、エレクトーンなど音量が大きい楽器に関しては、演奏を認めないとしている物件もあります。そのため、入居の契約時に、必ず、楽器に関する規定を確認しておくことが大切です。また、演奏できる楽器の種類の他にも、注意すべき点があります。それは、演奏できる時間が決められているかどうかです。演奏できる時間が日中のみとなっている物件はたくさんあります。自分が演奏したい時間に演奏ができるか、確認しなければなりません。もちろん、入居したら、その時間は絶対に守らなければなりません。

楽器可の物件と言っても、そのマンション内の住人全員が楽器演奏を快く思っているわけではありません。中には、楽器の音を騒音としか思っていない住人もいます。そのマンションの規定にきちんと従っていても、それでもクレームを言ってくる住人はいるかもしれません。また、そのマンションではクレームにならなくても、隣の建物からクレームが入ることもあります。そうならないように、消音機能を取り付けるなど、できることはしたほうがいいと思います。お互いが気持ちよく生活できるように、常に周りの住人、近所への気遣いは大切です。

Copyright (C)2017賃貸で楽器が吹ける物件を探す時の注意.All rights reserved.