楽器可の賃貸では、お互いにあいさつをしてご近所付き合いをしておくことで、相手の音が気にならなくなります。
賃貸で楽器が吹ける物件を探す時の注意

楽器可の賃貸でのご近所付き合い

このエントリーをはてなブックマークに追加

楽器可の賃貸物件といっても、他人の部屋の音が全く聴こえないというわけではありません。やはり人間ですから、特に嫌いな相手の出す音は、不快に感じてしまうことが多いです。楽器を演奏する人は、他の人に比べて楽器の音をうるさいと思わない傾向にあるそうですが、それでもうるさいと思うことはあると思います。そうならないために、入居時にはきちんとあいさつをし、簡単な自己紹介をしておくといいと思います。たとえば、「音楽大学に入学するために上京してきて、楽器はピアノを弾きます。ジャンルはこんなものを弾きます」などと言っておけば、聴こえてくる音の種類がある程度想定できるので安心します。でも、特に楽器を演奏する人というのは、コンクール前や試験前にぴりぴりしたりイライラしたりすることもあり、そういうときには他の楽器がうるさく感じることもあるでしょう。

ご近所トラブルに発展させないためには、日々少しずつ交流し、信頼関係を作っておくことです。少し夜遅くまで楽器の音がしていても「あの人コンクール前だといっていたし、がんばっているなあ」などと受け流すことができると思います。重要なのは防音の設備だけでなく、最終的に頼りになるのは、人間同士のつきあい方だと思うのです。

Copyright (C)2017賃貸で楽器が吹ける物件を探す時の注意.All rights reserved.