楽器可の賃貸のマンションを契約する前に、生活のサイクルを不動産屋さんに伝えることは、とても大事なことです。
賃貸で楽器が吹ける物件を探す時の注意

楽器可の賃貸のマンションを契約する前に生活サイクルを伝える

このエントリーをはてなブックマークに追加

私の友人は、5年前からバンドを組んでいます。最近では、彼女達にオファーが度々入るようになりました。そして週末には、ライブハウスでイベントが出来るまでに、彼女達のグループは成長をしました。彼女は以前まで、音楽面での収入があまりありませんでした。しかし、最近は、自宅でもギターの練習をする為に、彼女は楽器の演奏できる賃貸のマンションを探し始めました。彼女は、朝から夕方までは、公務員として働いています。そうなると、自宅でギターの練習が出来る時間帯は、夜だけ、と限られてきます。そこで、不動産屋さんに、契約をする前に確認しなければならないことが出てきます。

それは、夜にギターの練習をしてもいいのか、ということです。いくら楽器可の物件だからといって、いつでも楽器を演奏をしていい、とは限らないのです。昼間だけ、楽器の練習が可能という物件もあるのです。彼女がそのことを知らずに、その物件を選んで、住んでしまうと、自分は、全く悪気があるわけではないのに、ご近所トラブルに巻き込まれてしまう場合も出てくるのです。その為、自分の生活のサイクルを不動産屋さんにちゃんと伝えることは、楽器可のマンションに住む上で、とても大事なことなのです。

Copyright (C)2017賃貸で楽器が吹ける物件を探す時の注意.All rights reserved.